カフェを開業したいという考えは甘いの?

トップページ>>カフェを開業したいという考えは甘いの?

カフェを開業したいという考えは甘いの?

「カフェを開業して自分だけのお店を持って経営したいという考え方は甘いの?」という疑問を抱えている方はいます。

甘いかどうか個人がどのように考えているのかによって異なるので一概には説明できないものの、簡単にいかないことは事実です。

フランチャイズでなければ個人経営のカフェを開業する形となり、大手のチェーン店のドトールやスターバックス、エクセシオールに対抗するためには他のお店にはない自分のカフェの特徴を全面に押し出さなければなりません。

チェーン店と差別化を図っていても簡単に集客できるわけではなく、「カフェの開業は簡単で直ぐに儲けられる」という考えは甘いのです。

実際に、インターネットでの口コミを見ていると、下記のような意見が出回っていました。

 

・リスクが大きいからカフェなんて自分で開業するものではない

・自宅で経営するカフェほど愚かなものはない

・フランチャイズに頼らないと失敗するのが目に見えている

・カフェの開業自体は簡単でも経営を続けるのは難しい

・自分は夢を叶えてお店を持ったが1年間程度で運転資金が尽きてしまった

・誰にも縛られたくないという考えで開業するのは甘い

・朝から晩まで働きたくない怠け者は個人事業主に向いていない

・脱サラしてカフェを開業するなんて怖くて行動に移せない

 

確かに、カフェを開業するのはサラリーマンとは大きく異なり、自分で収入を増やしていかなければなりません。

誰かからアドバイスを貰うことも給料を貰うこともできませんし、経営不振の状態が続けば当然のように潰れます。

初期費用だけではなく運転資金もそれなりにかかりますし、調子に乗って駅前の一等地にテナントを借りたのならばランニングコストは莫大な額になるのです。

このようなリスクがあるのにも関わらず、「カフェの開業は簡単そうだから自分にもできそう」という安易な考えをしている方は甘いと言われるのではないでしょうか。

ラーメン屋さんに焦点を当てて説明すると、どのお店でも一杯のどんぶりの中にビジネスコンセプトが99%近くあり、経営者の思いが込められています。

必死になって考え出したメニューや作り出した味でも成功する確率は低く、人気のラーメン屋は特に努力や苦労をしているのです。

「一生涯に渡って付き合っていく」という頑固たる意志がなければラーメン屋さんもカフェの開業も難しく、ナアナアな考えでは甘いと言われても不思議ではないので自分の考え方を今一度見直してから挑戦してみてください。