カフェ開業とクレーム

トップページ>>カフェ開業とクレーム

カフェ開業とクレームについて

カフェを開業して運営していくに当たり、お客様からクレームを付けられることがあります。

どのようなクレームが発生するのか一概には説明できませんが、カフェを開業して運営していく前にトラブルの元となる要素を検証しておくべきです。

実際にクレームが起きてから対応しても問題はないものの、未然に防げるのに越したことはありません。

お客様がいて飲み物を頼んだり食べ物を注文したりということで利益を出せるので、事故やミスは誰にでもあるとしても、そのクレームを大事にしなければならないのです。

お客様からクレームを受けて対応し、より良いカフェを経営していくことで成功に繋がります。

誰でも個人事業主になってカフェを開業できる時代になりましたが、利益を出せずに廃業の道を辿っているような方も多いのです。

そのような悲惨な状況を避けるためにも、クレームが発生したら速やかに対応し、改善していくことで理想のカフェが出来上がります。

クレームに対して責任者がしっかりと対応していれば大きな問題になることはありませんし、リピーターの獲得に繋がるというわけです。

クレームの内容としては、「接客の態度が悪い」「食べ物が出てくるのが遅い」といった内容が挙げられます。

接客の態度が悪いのは、責任者や店長がアルバイトの育成をしっかりと行っていないことが原因なので、お客さんの前に出せるようにトレーニングを積む必要があるでしょう。

カフェを開業してオープンするまでには一定の期間があるはずなので、採用したアルバイトに対して研修を行い、お客様に失礼のないようにしなければならないのです。

「食べ物が出てくるのが遅い」というクレームに関しては、改善のしようがないかもしれないので、事前に但し書きをしておくのが効果的かもしれません。

「当店ではご注文を頂いてから作っているため、料理を提供するまでにお時間を要します。」といった但し書きがなされていれば、「今日は時間がないから飲み物だけ注文しよう」とお客様は考えてくれます。

「お急ぎの方はお時間のある際に料理を注文してください」と丁寧に記載していれば、クレームが発生することはなくなるのです。

手作りの料理を自分のカフェの目玉としているのであれば、クレームがあったからといって変える必要はありませんし、理解してくれるお客さんだけを獲得すれば良いのではないでしょうか。

以上のように、チェーン店に負けないカフェを経営していくためにも、細かい努力を怠らないようにしてください。