カフェ開業のコンセプト

トップページ>>カフェ開業のコンセプト

カフェ開業のコンセプトについて

まずは、実際にカフェを開業する前に、どのようなお店にするのかコンセプトを定めることが大切です。

このコンセプトがしっかりと定められていないと、カフェを開業したはいいものの、何屋さんなのか全く分からなくなってしまいます。

そこで、どのようなイメージのカフェを開業したいのか、自分の思いをノートなどに書き記す必要があります。

一口にカフェと言ってもターゲット層によって、「食事を中心としたカフェ」「デザートやドリンクを中心にしたカフェ」「色々なお酒を取り入れたバーのようなカフェ」といったように、色々と考えることができるのです。

そして、そのコンセプトに沿ったカフェにするために、内装や外装を決めなければなりません。

お店の雰囲気が合っていなければ、お客さんは思うように来店してくれないはずです。

例えば、お酒を飲めるバーのようなカフェを作りたいのであれば、喫煙が可能なお店にしたり、オシャレな雰囲気にしたりと、工夫を凝らす必要があるでしょう。

このように、自分のカフェのコンセプトがぶれないように、しっかりとイメージして書き記しておくことが大事です。

コンセプトによって、立地条件は大きく変わると思います。

どこにカフェを作るか決めてから、お店のイメージを変えるという方もいらっしゃいますが、それでは本当に自分がやりたいカフェを経営できなくなるかもしれません。

そのため、「どういったメニューや接客サービスを行っていくのか」「どの年齢層のお客さんを対象とするのか」「自分のカフェのウリは何なのか」といったことを事前に検討し、行動に移していきましょう。

コンセプトは複雑すぎると何がなんだか分からなくなるので、できるだけシンプルで一貫性のあるものが良いと思います。

もちろん、独自性を重視して他のカフェと差別化を図ることも大切です。

コンセプトがぶれていると、来店するお客さんの印象は悪くなるので、思うように売り上げが伸びなくなってしまいます。

このような事態に陥らないためにも、常にお店のコンセプトを念頭に置いてカフェを営業してみてください。

あれもしたい、これもしたいと多くの要素を取り入れすぎてしまうと、何がコンセプトとなっているのか、お客さんには伝わりません。

色々なことにチャレンジすることは非常に重要なのですが、絶対に譲れない条件というものを一つ掲げて、その条件を中心にして理想のカフェを経営していきましょう。