カフェ開業と脱サラ

トップページ>>カフェ開業と脱サラ

カフェ開業と脱サラについて

脱サラをしてカフェを開業しようと考えている方は、多くいらっしゃると思います。

会社でサラリーマンとして働いていては自分の夢を叶えるのは難しいですし、人間関係の縺れで働くことが嫌になることもあるでしょう。

そのような方は、是非カフェを開業してみてください。

特に専門的な知識がなかったとしても、講習を受けて食品衛生責任者の資格を取得するだけで、開業は可能です。

ただし、何も計画せずにすぐに会社を辞めてカフェを開業しようとするとリスクが高くなってしまいます。

そのため、サラリーマンとして働いている間に、少しずつ開業に向けて準備をしていかなければなりません。

そこで、一番に必要となるのが開業資金です。

元手が全くない状態でカフェを開業することは不可能であると言えます。

融資を受けるにしろ、自己資金がある程度なければ、お金を貸してくれる金融会社はないでしょう。

自己資金が全くないという方は、サラリーマンとして働いてお金を貯めてから開業を決意した方が良いと思われます。

時間が経てば経つほど競合は増えるかもしれませんが、焦ってカフェを開業したところで失敗するのは目に見えております。

簡単に開業できるからこそ、念入りな準備が必要となるのです。

そして、できるのであれば、サラリーマンとして働きながら時間がある時に、カフェ開業のセミナーに参加してみてください。

もし、会社を辞めてしまえば、収入は全くなくなります。

そのような状態で開業の準備に取り掛かるよりも、大変かもしれませんが働きながら準備を少しずつ進めることで、リスクを抑えられるのです。

このように、両立できないようであれば、カフェ開業に対する思いがそこまで強くなかったということになるので、あやふやな気持ちで開業しない方が良いでしょう。

脱サラをすれば上司から怒られることもないですし、気の合わない同僚と仕事をする必要もなくなるので、ストレスは解消されるかもしれません。

しかし、独立して開業するということは、成功すれば大きな報酬を得られる分、失敗すれば全て自分に降りかかるのです。

誰のせいにすることもできないので、全て自分で責任を取る必要があります。

そのため、カフェ開業は軽い気持ちでチャレンジできるほど甘いものではないということを、しっかりと心得ておきましょう。

それでも、どんなことであっても挑戦することは大事ですので、怖がらずに前向きに開業を考えてみてください。