カフェ開業と衛生

トップページ>>カフェ開業と衛生

カフェ開業と衛生について

もし、カフェを開業するのであれば、衛生面に関しては十分に注意しなければなりません。

このような可能性は低いのですが、自分のお店で食中毒が発生して具合が悪くなった方が多ければ、廃業に追い詰められてしまうことだって考えられます。

そのため、食品を取り扱う以上、衛生面には必要以上に気を配る必要があるのです。

そこで、飲食店を開業するには、食品衛生責任者という資格は取得しなければなりません。

カフェ開業に必要な資格で説明致しましたが、この資格を持っていなければ、カフェを開いて営業をすることができないのです。

とは言っても、講習を受けるだけで簡単に取得できるので、そこまで難しい試験があるというわけではありません。

余程のことが起きないという限りは、普通に取得することができるでしょう。

食品衛生責任者さえあれば、カフェを開業できるのですが、食中毒といった衛生面に関する知識は他の参考書などを見て勉強をする必要があります。

独学でも構わないのですが、このような知識を身に付けておくことで、何かに役立てる可能性はあります。

食品を取り扱う以上、食中毒に関しての知識を身に付けておいた方が良いと言えます。

そこで、同時に調理師免許の資格を取ってみてはいかがでしょうか。

カフェ開業において、必ず必要な資格ではありませんが、O-157といった食中毒に関する予防知識を身に付けられるため、取得することをおすすめします。

飲み物だけを提供するカフェを開業するのであれば必要ないかもしれませんが、これでは客単価が上がらないので、現実的には厳しいかもしれません。

このようなカフェを経営している方はいらっしゃるかもしれませんが、食品を取り入れることによって、より大きな売り上げを得られるのです。

以上のことから、食中毒といった衛生面に関する知識が必要であるということが、お分かり頂けたと思われます。

また、自分はそのような知識がなかったとしても、一緒に開業を進めるパートナーが調理師免許を取得していれば特に問題はないと言えるでしょう。

誰か一人でも、知識のある人材を置いておくことで、大きなトラブルを防ぐことができるかもしれません。

食中毒といったトラブルは、引き起こされてから対処したとしても遅いのです。

つまり、衛生面には十分に注意して食中毒が起こらないように十分に配慮して、カフェの経営を行っていくことが大切なのではないでしょうか。