カフェ開業とフランチャイズ

トップページ>>カフェ開業とフランチャイズ

フランチャイズって何?

フランチャイズという言葉は、一度は聞いたことがあると思います。

フランチャイズとはビジネスモデルの一つであり、一方がもう一方に対して商号や商標を使用する権利や、サービスを使用する権利を与え、こういったサービスを与えられた方は親会社にロイヤリティと呼ばれる利益の一部を支払うのです。

もちろん、これだけではなく、加盟金を支払わなければならないのですが、既に確立されたブランドを使用できるので、その信頼度から安定して集客ができるというメリットがあります。

個人経営のお店はブランド力がないので、集客が非常に難しくなっております。

しかし、フランチャイズを利用することで、その問題を解決できるというわけです。

加盟金やロイヤリティを支払わなければならないデメリットはあるものの、親会社から経営に関するノウハウを学ぶこともできるので、利用する価値は大いにあると言えるでしょう。

ある程度は親会社の指導に従わなければならないため、独自性を出すのは非常に難しいのですが、独立して開業を行うよりも成功しやすいビジネスであると言えます。

 

カフェ開業とフランチャイズについて

カフェ開業を行う手段の一つとして、フランチャイズを利用するという手があります。

フランチャイズを利用すれば、もう既にビジネスモデルが確立されているので、その運営のノウハウ通りに経営を進めていけば良いだけなのです。

新たに事業を起こそうとしている方に詳しい知識や大きなスキルがないとしても、フランチャイズであれば誰でも同じように経営ができます。

それに、大手の看板を背負って営業できるので、お客さんにアピールしやすいというメリットもあるのです。

カフェの場合、有名なお店であれば気軽に入ることができるのですが、個人経営のようなお店ですと、入りづらいと考えてしまう方はいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、フランチャイズであれば、この問題をクリアできるというわけです。

見たことも聞いたこともないようなカフェよりかは、既に知名度があるカフェの方が集客という点では優れております。

ただし、カフェを開業したいという方の中には、オリジナリティーに溢れたお店を作りたいと考えている方がいらっしゃるはずです。

加盟するフランチャイズによって多少は異なるのですが、独自で考えたメニューを取り入れたり、新たな商品を取り入れたりするのは難しくなっております。

詳しくは加盟するフランチャイズの規約を見る必要がありますが、看板を背負っている以上、好き勝手に営業することは禁じられているのです。

そのため、フランチャイズを利用するかどうかは、慎重に考えてください。