学生でカフェを開業できるの?

トップページ>>学生でカフェを開業できるの?

学生でカフェを開業できるの?

学生のうちにカフェを開業できるのか疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

さすがに、高校生の段階でカフェを開業して経営者になろうと考える人は少ないかもしれませんが、大学生になって有り余る時間を利用して開業したいと考える人はいるはずです。

「○○歳にならなければカフェを開業することはできない」という決まりは特にないため、学生でもチャレンジすることは十分にできます。

実際に、「学生を表現できる場所が欲しい」「学生と社会人が出会う場所が欲しい」「学生が成長できる場所が欲しい」というコンセプトを抱え、複数のメンバーでカフェを開業しているケースは少なくありません。

カフェに限らず飲食店全般にも言えることですが、経営するに当たって「若すぎる」「遅すぎる」ということはないため、チャレンジしたいと思い立ったその日から開業に向けて準備をするべきです。

本当にカフェを開業して経営者になりたいのであれば、一度きりしかない人生なので思い切って挑戦する価値は大いにあります。

大学生であれば時間が余っているはずなので、「数ヵ月後にお店を出さなければならない」と期限を決める必要性はないのです。

実家暮らしであれば生活の心配をする必要はなく、カフェの開業のために必要な知識やスキル、そして資金を集めることからゆっくりと始めるのが良いのではないでしょうか。

もちろん、一度社会に出て色々な経験を積むことは無駄ではありませんし、社会に出たからこそ見えてくる部分も何かしらはあります。

ビジネスの現場を体験してみて、自分の考えが甘かったと諦めることもあるかもしれませんが、このままでは駄目だと経営者になるための意欲が更に増すこともあるはずです。

それでも、「大学生を卒業したらカフェを開業しよう」「大学に通っている最中にカフェを経営しよう」と意気込むのも選択肢の一つだと言えます。

ただし、カフェを開業するためには莫大な資金がかかり、コンセプトや立地条件などにも左右されるものの、100万円や200万円では少々物足りないかもしれません。

初期費用を全て自己資金でまかなわなければならないわけではありませんが、金融機関から融資を受ける場合は学生では審査に通らない可能性があります。

いくらカフェ開業に関するスキルを持ち、意気込みも高かったとしても、資金が足りなければ実現できないと頭に入れておくべきです。

仮に開業できても、運転資金がなくなって閉店に追いやられる事態だけは避けなければならないので、将来のことをゆっくりと見つめる時間を学生の方は作るようにしてください。