カフェを開業したくても現実は厳しいの?

トップページ>>カフェを開業したくても現実は厳しいの?

カフェ開業の現実は厳しいの?

「カフェを開業したいけれど現実は厳しいの?」という質問を「ヤフー知恵袋」や「教えて!goo」でしている方は少なからずいらっしゃいます。

カフェの開業に限らず、人生は何事も自分から行動に移さなければ何も分からないので、現実は厳しくてもチャレンジする価値は十分にあるのです。

それでも、カフェの開業に関して言えば、リスクが大きいということを事前に把握しておかなければなりません。

開業する前は毎日お客さんが押しかけてきて、美味しいコーヒーや自作の食べ物を提供するようなイメージのカフェを描いていても、現実は毎日閑古鳥が鳴いているというお店はあります。

そのような状態が1年間も2年間も持つわけがありませんし、運転資金すらまかなえずに閉店と追いやられてしまうのです。

カフェのような飲食店を開業しても、3年間以内には約95%がお店を閉めるのが現実で、その理由としては以下が挙げられます。

 

・開業資金がかかりすぎて運転資金に回せなくなる

・大手のカフェが強すぎて個人経営では太刀打ちできない

・立地が悪くて固定客ばかりになり、新規のお客さんが来ない

 

カフェの開業には莫大な資金がかかるというリスクがあり、立地の良い駅前にテナントを構えるのならば、1,000万円を超えるケースも十分にあります。

かといって、ひっそりとした住宅街にカフェを構えてもお客さんを獲得することはできないため、場所を決めるのは想像以上に難しいのです。

「どのようなインテリアにしようか」「どんなBGMを流そうか」「どんなメニューをお客さんに提供しようか」「食器はどのメーカーのものを使おうか」と自分のカフェの理想を掲げるのは大事かもしれません。

どのようなカフェにするのか具現化できていなければ、理想のお店を経営することはできないのです。

とは言え、将来のことをあれこれと考えるのは重要ですが、漠然と夢を描くだけではなく、失敗しないためにも現実をきちんと見つめた経営計画が必要となります。

実際に、事業計画に則って実行するに当たり、幾つもの壁にぶつかるはずなので、一つ一つ障害を取り除いて理想のカフェを開業するという根気も経営者には欠かせない能力なのです。

理屈や理想だけではなく、利益を出せるようなカフェを作らなければ営業すらできない状態となるため、最初が肝心なのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

どのようなカフェが成功してどのような飲食店が失敗しているのか、他のお店を参考にすることも大事です。