カフェ開業の費用の相場

トップページ>>カフェ開業の費用の相場

カフェ開業の費用の相場について

「綺麗なカフェを開業したい」「自分だけのお店を持ちたい」という強い夢を持っていても、カフェを開業するに当たってどの程度の費用がかかるのか相場を知りたいという方は多いはずです。

カフェに限らず、飲食店の開業には高い費用がかかりますし、今の自分の貯蓄で賄うことができるのか疑問を抱えるのは不思議ではありません。

どのようなカフェを作るのかによって費用の相場は大きく異なるものの、以下のようにたくさんの出費が発生します。

 

・お店の家賃やテナント料

・内装費用や外装費用

・不動産仲介手数料

・保証金

・コーヒーサーバー

・食器類

・宣伝費

・音響設備費

・届出にかかる費用

 

上記の費用に加えて、従業員を雇う際の人件費やフランチャイズの加盟料も必要となります。

個人のカフェを開業して経営する場合、必ずしもフランチャイズに加盟しなければならないわけではありません。

それでも、個人経営のお店が大手のチェーン店に太刀打ちするのは難しいので、お店の名前を借りる代わりに売り上げの一部のロイヤリティを渡すフランチャイズに加盟する方が意外と多いのです。

以上のような費用を合わせて、相場は500万円から1,000万円前後と考えられており、他の業種と比べてリスクが大きくなります。

自宅でこじんまりと経営するカフェならば相場はもっと低くなりますが、駅前のテナント料が高い場所にお店を構えようと考えているのならば、これだけの費用がかかると覚悟しなければならないのです。

もちろん、開業資金や運転資金といったランニングコストを全て自分の貯蓄から出さなければならないわけではなく、銀行から融資を受けることもできます。

審査に通れば希望額の融資を受けられますし、カフェの経営が軌道に乗って少しずつ利益が出始めてから返済すれば良いのです。

それでも、カフェの開業で失敗するリスクも少なからずありますし、かかる費用全てを金融機関から融資を受けられるわけではないので、まずはお金を貯めることから始めなければなりません。

このように、カフェの開業にかかる費用の相場は想像以上に高く、ナアナアな気持ちで挑戦できるものではないと心得ておくべきです。

タイミング良く居抜きの物件を探し当てたり、家族で経営して人件費を削減したりできますが、どちらにしても入念な準備が必要となります。

「人気のカフェはどのような経営を行っているのか?」「人気のカフェはどのようにお客さんを集めているのか?」といった内容も研究してから開業にチャレンジしてみてください。