田舎でカフェ開業

トップページ>>田舎でカフェ開業

田舎でカフェを開業しよう

カフェは都会でなければ営業できないと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

田舎でも開業して経営を行うことは可能です。中には田舎の自宅を利用して、ひっそりと個人経営のカフェを営んでいるという方はいらっしゃいます。

都会の駅前であれば様々なカフェが連ねており、誰でも一度は聞いたことのあるようなカフェも多いので、そのような場所で個人経営のお店が張り合おうとするのは難しいかもしれません。

同じ時間帯に同じような価格で飲食を経営しているカフェ同士は、競合店となるのでお客さんの奪い合いになってしまいます。

そのため、競合店の少ない田舎でカフェを開業すれば儲けられるという考え方は間違っていないと言えるでしょう。

ただし、だからと言って競合店の存在しない田舎で始めれば良いかと言われると、必ずしもそれが正解であるとは限らないのです。

田舎と一口に言っても色々なタイプがありますが、高齢者ばかりが住んでいる田舎で経営を行うのはほぼ無理であると言えます。

また、農業や水産業、林業といった第一次産業が発展している田舎では、カフェを利用するという習慣がついていない可能性があります。

つまり、競合店が存在していないということは、お客さんからの需要がないということを意味しているので、このような場所でオシャレなカフェを作ったところで、上手く集客を図ることはできません。

「くつろげるカフェがある!」と自分のカフェを宣伝していれば、少しずつお客さんに浸透していく可能性はありますが、カフェを利用する習慣ができるまでに時間がかかることが予想されるので、それまで経営を成り立たせることができるか難しいところです。

なぜカフェを開業して経営できるかと言うと、お客さんの口コミやリピーターが増えることで、利用する方が増えるからです。

これはカフェに限った話ではありませんが、お客さんがいることによって成り立っていると言っても過言ではありません。

そのため、お客さんの需要と作るカフェのイメージやスタイルがマッチしていなければならないのです。

都会で生活をしている若い方は、少しでもオシャレなカフェに入りたいと思うかもしれませんが、田舎に住んでいる方が必ずしもこのように感じるとは限らないということです。

田舎でカフェを開業するのは一つの選択肢ですが、立地は一度決めると簡単に変えられないので、自分の事業スタイルをしっかりと見直して慎重に決めてください。