カフェ開業と居抜き

トップページ>>カフェ開業と居抜き

居抜き物件とは

居抜き物件とはどのようなものかご存知ですか?

これは、飲食店や美容室などの設備や備品などを残したままの状態で、売買したり賃貸する物件のことを指します。

居抜き物件のメリットは、自分がやりたい業種の居抜きであれば、そのままテナントとして使用できるということです。

必要な設備が整っていることが多いので、その他に必要な機器を用意するだけで始められます。

速やかに事業を始められるというだけではなく、初期費用も抑えることができるのです。

居抜き物件は非常に良いと思った方はいらっしゃると思われますが、デメリットはあります。

それは、自分が行いたい事業ではなかった場合、内装を変えなければならないので、さらにお金がかかるということです。

それに、中古で譲り受けている物件であるため、壊れやすくなっている場所があるというリスクがあります。

居抜き物件を使用するかどうかは、実際にその物件の中身を確認してからの方が良いでしょう。

 

カフェ開業と居抜きについて

カフェを開業するに当たって、居抜き物件を利用してみてはいかがでしょうか。

テナントを借りてその物件でカフェを作ろうとするのであれば、敷金や礼金、保証金などで相当多くの資金が必要となります。

テナントの場所にもよりますが、駅前といった立地の良い場所であれば、その額は計り知れないものになってしまうのです。

それに、内装費や外装費も考慮すると、初期費用で大きな資金が必要となり、運転資金が足りなくなるという可能性は十分に考えられます。

しかし、飲食店の居抜き物件を利用すれば、テーブルや椅子、厨房機器といったものが備え付けられている可能性が高いので、テナントよりは確実に初期費用を抑えることができるでしょう。

もちろん、自分のカフェには合わないような設備が備え付けられていることはありますが、それは実際に物件を見て決めてみてください。

さらに、改装に関しても業者に頼まずに自分で行えば、それだけ費用を抑えられます。

ただし、自分が求める居抜き物件を簡単に見つけることができないということを把握しておかなければなりません。

自分と同じようなスタイルの飲食店の居抜き物件が、タイミング良く見つかるかどうかは完全に運次第です。

探し続けても見つからないという方が非常に多いのですが、自分の理想の物件が絶対に見つからないと言い切ることはできないので、諦めずに探してみてください。

また、このような話が舞い込むような人脈を作ることも大切です。