カフェ開業と事業計画書

トップページ>>カフェ開業と事業計画書

カフェ開業と事業計画書について

カフェを開業するという場合には、事業計画書が必要となります。

必ず作らなければならないというわけではありませんが、自分のアイデアをまとめたり、どのようなカフェを作っていくのか明確にするために、事業計画書は必要であると言えるでしょう。

頭に思い描いているコンセプトがあったとしても、それを具現化させなければ意味がありません。

より強く自分の考えや思いを強くイメージするためには、事業計画書の作成を怠ってはいけないのです。

それに、金融機関に融資をお願いするという場合は、この事業計画書が必要となります。

事業計画書に書かれている内容を見て、融資しても問題ない人間なのか判断されるというわけです。

「どのような事業をしようとしているのか」「どのような考えを持っているのか」といったことを証明する書類として、事業計画書は使用されます。

しかし、どのように作成すれば良いのか分からないという方はいらっしゃるでしょう。

そこで、ここでは簡単に事業計画書の書き方について説明していきたいと思います。

 

事業の目的と内容

まずは、事業の目的と内容を記載しなければなりません。カフェ開業であるならば、なぜ自分がカフェを開業しようと思ったのか、そしてお店を出店することでどのよなメリットがあるのか明確にする必要があります。

そして、カフェを経営していくに当たり、顧客に対してどのようなサービスを行うのか分かりやすく記載してください。

 

市場の分析

カフェ開業に関しての市場の分析を次に行ってください。

カフェ業界は今後どのような進展を遂げ、どのような競合が存在しているのか明確にしましょう。

その中であなたが行おうとしているカフェが、この市場に食い込むことができるか分析していきます。

 

必要経費の算出

事業計画書を作成するに当たって、必要経費の算出が一番大事な要素かもしれません。

カフェを開業する立地を決め、どの程度のテナント料が必要となるのか、そして設備を整えるために必要な経費を計算していきます。

お店を開いてからの運転資金も詳しく計算すると良いでしょう。

そして、開業に必要な資金をどのように調達すれば良いのか考えることが大事です。

自己資金で足りないのであれば、融資や助成金に頼らなければならないので、資金調達の方法を考えてください。

また、客単価や客数を想定して、売り上げ目標を立てることも大切です。

無理な収支計画とならないように、実践できる数字を定める必要があります。