自宅でカフェ開業

トップページ>>自宅でカフェ開業

自宅でカフェを開業しよう

「自分だけのお店を持ちたい」「なるべくお金をかけずにカフェを開業したい」と考えている方はいらっしゃるでしょう。

このような方は、自宅でカフェを開業することを考えてみてください。

どこか駅前といった立地の良い場所を借りてカフェを営業するのが普通であると思っている方はいらっしゃいますが、自宅でカフェを開業することも可能です。

駅前のような立地の良い場所で開業する場合は、テナントであっても居抜き物件であっても、大きな資金が必要となります。

飲食店の開業で大きな初期費用が必要となるのは、物件にかかる費用が占めていると言っても過言ではありません。

しかし、自宅でカフェを開業するという場合は、テナント料はかかりませんし、敷金や保証金といったものも必要ないので、初期費用を抑えることが可能です。

なるべくお金をかけずにカフェを開業したいと思っている方には、自宅での経営が適していると言えるでしょう。

ただし、そのままの状態ですぐに開業できるわけではありません。

保健所の条件を満たすように、自宅での一室やリビングをリフォームする必要があるのです。

場所によって異なるのですが、厨房にはシンクと水道が2つずつ必要であると言われることがあります。

もし、自宅に1つずつしかないのであれば、両方を追加するためにリフォームしなければならないのです。

このように自宅でカフェを開業するからといって、全くお金がかからないというわけではありません。

リフォーム代は必ず必要となるということを頭に入れておいてください。

また、リフォームをする前に、どのようなカフェを作りたいのか、自分の中でしっかりとイメージしておいた方が良いでしょう。

これは自宅での開業に限った話ではありませんが、まずはコンセプトを定めるということが大事なのです。

コンセプトがぶれていると、ターゲットにするお客さんを特定できませんし、何を自分のカフェのウリにするのか分からなくなってしまいます。

コンセプトが明確であればあるほど、お店の個性を出しやすいですし、自分らしいカフェを作ることができると思います。

自宅でカフェを開業するのであれば、しっかりと自分らしさを出して他のカフェと差別化することが大切です。

そのため、カフェの内装やインテリア、ドリンクや食事のメニューといったもので、自分らしさを出せるように考えてみてください。

これが自宅でカフェの開業を成功させるポイントです。