カフェ開業と助成金

トップページ>>カフェ開業と助成金

カフェ開業と助成金について

カフェやレストランといった飲食店を開業をする場合は、助成金を利用することができます。

カフェを開業するに当たって、500万円~1,000万円は必要であると言われております。

自宅でカフェを開く場合はもっと初期費用を抑えることはできますが、思っている以上に大きな資金が必要となるのです。

開業資金に加えて運転資金もしっかりと用意しなければならないので、余裕をもって経営をしていくには資金は多ければ多い方が良いと言えるでしょう。

そこで役に立つのが助成金です。多額の費用を必要とする開業では、自己資金だけで行うのには限界があるので、返済不要の助成金を利用すれば負担を減らせます。

助成金はカフェを開業した時や従業員を雇い入れた時に利用することができ、一定の要件を満たして申請されれば、規定額を受給できるのです。

審査は厳しいものの、融資とは違って返済が不要ですので、カフェを開業するという場合は、是非利用して頂きたいと思います。

開業時に必要となる多額の経費を削減できるので、助成金は素晴らしいシステムであると言えるでしょう。

この助成金の一番のメリットは、使用目的が一切問われないということです。

これはカフェに限った話ではないのですが、独立する方が増えることで労働者が雇用される機会は確実に増えます。

助成金はこのように独立する方を支援しているので、労働者やお店のために使用しなければならないと思うかもしれませんが、支給された助成金はどんなことに使用しても良いのです。

もちろん、せっかく支給された助成金を無駄に使うわけにはいかないので、開業資金に当てて欲しいと思います。

開業資金を削減できるということは、それだけ運転資金に回せるので、早期経営安定化も可能です。

申請のためにお金は必要ないので、是非積極的に利用して頂きたいと思います。

助成金には幾つか種類があるのですが、ここでは、「受給資格者創業支援助成金」について説明していきます。

「受給資格者創業支援助成金」は最大で200万円の受給が期待できる助成金です。

これは、カフェを開業した後、1年以内に雇用保険が適用する事業の事業主となった場合に受給できます。

設備や運営にかかった費用や、雇用管理のためにかかった費用の3分の1が助成されるのです。

この費用の限度は150万円となっているのですが、雇用保険に加入する従業員を2人以上雇ったという場合に50万円が加算されるので、最大で200万円となっております。