カフェ開業の準備

トップページ>>カフェ開業の準備

カフェ開業の準備について

カフェを開業するのであれば、開店から経営戦略を考えることと同じように、準備期間もしっかりとスケジュールを立てて、どのように開店を迎えるのかイメージしておかなければなりません。

この準備期間のスケジュール組みを怠ると、必ずと言っていいほど失敗してしまいます。

開業時期から逆算して、やらなければならないことをノートに書き出すことで、カフェ開業までの全体の流れを把握できるので、どのように行動していけば良いか分かると思われます。

そこで、ここでは準備期間にどのようなスケジュールで開業を迎えれば良いのか説明していきます。

 

情報を集めよう

まず、開業まで残り12ヶ月~10ヶ月の時期に、人気カフェの立地や有名店のリサーチを行いましょう。

繁盛しているカフェがどのように経営を行っているのか、そしてどのように集客を行っているのか把握する必要があるのです。

実際に有名店に足を運んで、接客サービスや雰囲気などをチェックすることも大切です。

また、雑誌などで消費者のニーズや、旬の飲食関連の情報を抑えておきます。

カフェだけではなく、その他の飲食店からヒントを得ることもできるでしょう。

 

自分のカフェをイメージしよう

次に、自分がどのようなカフェを開業したいのかイメージしておく必要があります。

それを絵にしてノートに書いたり、箇条書きで書き記してみてください。

他と同じようなカフェを作ったところで、繁盛させるのは難しいので、何を表現して何をウリにしたいのか決めます。

このようなコンセプトを決めるとともに、立地条件やターゲットにする年齢層も決めておかなければなりません。

 

行動を開始しよう

どのようなカフェを作るのか大まかなイメージが出来上がったら、次に行動を開始しましょう。

オープンして運営するためにどのくらいの資金が必要なのか、そして自分の想像する立地条件に見合う物件を探していきます。

ドリンクや料理の種類を決めておくことも大切です。

 

必要なアイテムを揃えよう

ドリンクや食品の仕入れ先や、必要な設備を用意していきましょう。

保健所や税務署へと提出する書類も揃えておかなければなりません。

そして、お金の準備をしっかりと行い、収支計画を練ることが大切です。

 

オープン直前の準備をしよう

オープン直前となったら、お店の名前を決めたり、看板を作ったりする必要があります。

自分のカフェのホームページなどを作ってみても良いでしょう。

また、営業許可申請を忘れずにしておかなければなりません。

どんなに綺麗なカフェが出来上がっても、許可が下りなければ営業できないのです。

もし、スタッフを雇うつもりでいるのであれば、求人広告を出したり、面接をして接客といった教育をしていきます。