カフェ開業と家具

トップページ>>カフェ開業と家具

カフェ開業と家具について

カフェの開業は実店舗を持つため、かなりのランニングコストがかかってしまいますが、オシャレなカフェを維持するためにも家具の選び方は非常に重要だと説明できます。

椅子やテーブル、ハイチェアといったように様々な家具を店舗に置かなければならず、自分のカフェのイメージに合わせて決めることが大事です。

どんなに美味しい飲み物や食べ物を提供するカフェを開業したとしても、家具のセンスがなければお客さんを魅了させることはできません。

個人経営のカフェを開業し、ドトールやスターバックスといった大手の店舗に勝つことは難しいため、少しでも特徴のあるお店を作る必要があります。

どのような客層をターゲットにしたカフェを開業するのかによって購入する家具は異なりますが、「クラシック」「アジアンテイスト」「アメリカン」「和風」「南国」「モダン」など様々な選択肢があるはずです。

カフェと聞くとアメリカンというイメージを持っている方が多いものの、和風テイストを大事にした店舗も物凄くオシャレですし、アイデアの一つとしては素晴らしいのではないでしょうか。

どちらにしても、自分が目指すコンセプトに従って家具を購入しなければならず、椅子やテーブルの大きさはテナントで決める必要があります。

他にも、カーテンやカーペット、壁紙や仕切り、照明器具といった家具も作りたいカフェの拘りをしっかりと表現できるアイテムの一つなのです。

あれも欲しいこれも欲しいと家具を集めているとランニングコストがかかり、資金の面で大きな負担がかかってしまいますが、カフェのイメージを決める上で欠かせないポイントだというのは間違いありません。

カフェを開業して利益を上げなければお店を運営し続けることはできないので、少しでもお客さんを呼び込む努力が大事なのは少し想像すればお分かり頂けるはずです。

実際に、カフェを開業したオーナーの方に話を聞いてみると、お店を開いてからしっかりと軌道に乗れるまでは約3年間かかると言っておりました。

奇抜なアイデアで作ったカフェであれば、お店を始めた当初からお客さんが集まる可能性は十分にあるものの、大手のチェーン店と張り合うのは難しいことを心得ておくべきです。

店舗の外装費や内装費、家具の購入にかかる費用は最初に支払えば問題はないものの、カフェを経営していくための運営資金はかなりの額を用意しておいた方が良いと説明できます。

お金が足りなくて軌道に乗るまでに資金が尽きたという事態を防ぐためにも、十分な運転資金をしっかりと用意してからカフェを開業するようにしてください。