未経験でもカフェを開業できるの?

トップページ>>未経験でもカフェを開業できるの?

未経験でもカフェを開業できるの?

起業を考えるに当たり、「未経験でもカフェを開業できるの?」という質問をされる人は多いはずです。

確かに、カフェを開業して自分のお店を持ちたいと頭で描いていても、飲食業が未経験であれば何から手を付ければ良いのか分からなくなります。

結論から言えば、カフェの開業は未経験でもできますし、自分が経営管理しかできなかったとしても、調理のできるスタッフを雇えば飲食店の営業は成立するのです。

若い人でなければ、今更飲食店やカフェでアルバイトをするのは気が引けるはずですし、そのような辛い思いをしなくても自分のお店を持つことはできるでしょう。

しかし、経験豊富で腕のある人がカフェを開業して苦戦する例も意外と多く、未経験の状態よりもある程度の知識と経験を持っていた方が成功できる確率は高まります。

「自分でしっかりと調理してお客さんに食べ物を提供したい」「自分は経営だけを行って後はスタッフに任せたい」など、カフェのコンセプトは個人によって異なるはずです。

それでも、飲食店を運営するために最低限のスキルは必要ですし、未経験者よりも経験者の方がカフェを開業して成功しやすくなります。

感覚と知識で飲食店という仕事がどのようなものか把握できているかどうかは想像以上に大事なので、人気のカフェでアルバイトをしてみたりカフェスクール(専門学校)に通ったりした方が良いのです。

開業するだけであれば個人事業主になるために税務署へと書類を提出するだけなので、莫大な費用がかかるというわけではありません。

しかし、カフェを経営していくとなると、テナント料や内装費、人件費など想像以上に大きな出費になりやすいですし、利益を出すまでの運転資金も必要なので、念入りな下準備が必要となります。

その下準備の項目の一つとして、カフェを運営していくに当たっての知識と経験を積んでおくのがベストなのです。

カフェの開業に限らず、起業して苦戦する人はビジネスの視点が欠けているという特徴があります。

仮に飲食店で実際に働いた経験がないとしても、ビジネススキルや経営センスがあれば未経験者よりも遥かに成功できる確率を上げられるのです。

開業して運営していくに当たって高額な費用を費やさなければならないからこそ、自分の夢を追うだけではなく失敗のリスクを同時に考えなければならないのではないでしょうか。

カフェスクールやカフェビジネス講座であれば、経営をしていく上で必要なスキルを学べるので、開業する前に利用してみてください。