カフェ開業の流れ

トップページ>>カフェ開業の流れ

カフェ開業の流れについて

カフェを開業すると決めた時に、具体的にどのような流れで進めていけば良いのか把握していなければ、失敗する確率は高まってしまいます。

カフェといった飲食店を開業するには、大きな資金が必要となるので、あらかじめ流れを把握しておかなければならないのです。

オーナーとしての第一歩を踏み出すためにはたくさんの勉強が必要で、スキルを身に付けることが必要不可欠なので、まずは計画を立てることから始めましょう。

そこで、このページでは、カフェを開業する際の流れについて詳しく説明していくので、「自分のお店を持ちたい」という夢を持っている方は参考にしてみてください。

 

どのようなカフェを作りたいのかイメージしよう

まず最初に、自分がどのようなカフェを開業し、経営を行っていきたいのか、しっかりとイメージしておくことが大切です。

カフェと一口に言っても、「コーヒーや紅茶を出すだけの喫茶店なのか?」「食べ物も取り扱うのか?」「アルコールを取り扱うのか?」というように、様々な種類に分けられます。

コンセプトが決まらないままカフェの開業をしても、自分のイメージと大きく掛け離れたお店になってしまうかもしれないので、お店の名前やターゲットにする客層など、希望のスタイルを具体的にまとめるべきです。

 

どの程度の資金が必要なのか計算しよう

カフェのコンセプトと経営計画がある程度決まったのであれば、そのお店を開業するために、どの程度の資金が必要なのか計算していきます。

賃貸や保証金といった物件費用、設計や内装工事といった工事費用、厨房機器やインテリアといった備品費用、お店を経営していくための運転資金というように、飲食店を開業するには大きな費用が掛かるのです。

どのようなスタイルのカフェだとしても、余裕を持って資金を集めなければ途中で利益が上がらず、お店を閉めなければならないという事態も考えられるので十分に注意しなければなりません。

資金が足りないのであれば、堅実に貯金をしながらスキルを学んだり、カフェスクールで勉強をしながら資金を貯めたりといった方法が挙げられます。

 

お店の場所を確保しよう

自分のお店の雰囲気や、来て欲しい客層を考慮して、カフェの場所を決めます。

カフェを開業する上で、場所の確保は一番重要と言っても過言ではなく、希望の条件が見つかるまで何度も現地に出向き、納得のいく店舗を見つける努力をしなければならないのです。

「近隣にどのようなお店があるのか?」「自分と同じスタイルのカフェは存在するのか?」「交通の便はどうか?」「人通りは多いのか?」というように、チェックポイントはたくさんあります。

どのような場所に建設すれば良いのか分からないという方は、人気のあるカフェに出向いて立地条件などを調査しておくのが良いでしょう。

 

必要な書類を用意しよう

自分の望む店舗が決まり、内装工事などを始めている間に、カフェを経営するに当たって必要となる書類を作成していきます。

保健所に出す営業許可申請書や、税務署に提出する開業届け、消防署に出す防火管理者の書類などを準備しておかなければならないのです。

もし、資金を金融機関から借り入れるという場合は、審査に通らなければならないので、同時に事業計画書も作成していきます。

ここまできたら開業まであと僅かで、商品の仕入れ先を考えたり、メニューを考えたりして、万全の体制が整ったら、あなたの夢を叶える第一歩となるでしょう。

以上のような流れで、自分が頭で描いているカフェを、実現させてみてください。