カフェの開業に年齢制限はある?

トップページ>>カフェの開業に年齢制限はある?

カフェの開業に年齢制限はあるの?

「カフェを開業するに当たって年齢制限はあるのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

・10代のうちからカフェを開業することはできないのでは?

・30代にならなければ資格を取得できないのでは?

 

このように様々な意見が飛び交っているものの、結論から言えば年齢制限は特に設定されていないのです。

カフェのオーナーになって開業するだけであれば10代でも20代でも問題はなく、1店舗に一人だけ食品衛生責任者資格を持つ人が在籍していれば問題ありません。

つまり、自分は資格を取得していなくても、これから雇おうと考えている店長が食品衛生責任者資格を持っていればお店をオープンできます。

十分な資金が集まっているのであれば早くから開業のために努力するのは選択肢の一つですし、「○○歳になったら遅い」といった制限もないのです。

「諦めなければ夢は必ず叶う」と無責任なことは言えませんが、少なくとも年齢によって開業できるのかできないのか決まるわけではないと頭に入れておきましょう。

 

カフェを開業するのに適した年齢は30代~50代

カフェを開業するのに適した年齢は30代~50代程度だと考えられており、早ければ早いほど良いと単純な話ではありません。

あまりにも早すぎる年齢で開業するのはやめた方が良く、その理由を以下では幾つか挙げてみました。

 

お店を開くための初期費用やランニングコストが貯まらない

失敗した時に莫大な借金を抱える可能性がある

経営戦略に関する勉強がまだ足りない

 

開業するだけならば簡単でも、本当の勝負はお店を開いてからです。

利益を出せなければ当然のように潰れますし、毎月赤字を出さないように長く続けていく戦略と覚悟が必要となります。

そういった意味で若い人は圧倒的に経験不足ですし、資金が貯まっていなければお店を開くことすらできないので30代~50代くらいがベストなのです。

このくらいの年代であれば社会人経験が長いのである程度の貯蓄はあるはずですし、企業へと属していたことで学んだものはたくさんあると思います。

起業において経験はかなり重要ですし、「若さを活かして突っ走る」という考え方では失敗のリスクが高まるので注意しなければなりません。

カフェの開業には高額な費用がかかりやすく、「失敗しても大丈夫」といった甘い考えではいけないのです。

10代のうちから夢を持つのは良いことですが、開業のために何をすれば良いのかじっくりと作戦を練ってみてください。