カフェ開業とお酒

トップページ>>カフェ開業とお酒

カフェ開業とお酒について

カフェを開業する場合、保健所や消防署など様々なところに届出を出さなければならず、簡単に始めるということはできません。

カフェの場合、飲食店営業か喫茶店営業のどちらかを申請しなければなりませんが、お酒をお客さんに提供しようと考えているのであれば、喫茶店営業では駄目だということを頭に入れておく必要があります。

喫茶店営業というのはサロンに設備を設け、お酒類以外の飲料を提供する場と法律で定められているので、食事のメニューやお酒の充実を考えるのであれば、飲食店を開業しなければならないのです。

深夜営業を行わないのであれば、アルコールを提供する場合でも特別な届け出は必要ないものの、深夜0時を過ぎてお酒をメインにしたいのであれば、「深夜酒類提供飲食店営業」の届出が必要となります。

飲食店を営業するための許可を提出するとともに、「深夜酒類提供飲食店営業」を警察署に出さなければならないのです。

もし、この届出を提出したのであれば、深夜0時以降も営業が可能となっておりますが、お客さんの隣に女の子が座って接客を行うような接待行為は禁止されております。

この定義が曖昧でどのようなものか分からないという方はいらっしゃいますが、キャバクラなどお客さんの横に座るのは禁止されていても、ガールズバーのようにカウンター越しで接客を行うのは良いということです。

スナックやキャバクラを開業したいのであれば、「風俗営業許可」を提出する必要があるものの、深夜0時以降の営業は禁止されているので、全てが許可された法律はないと言って良いでしょう。

以上のように、お酒を提供したカフェを開業するのであれば、そのお店の目的に合わせた申請を必要な機関に届けなければならないというわけです。

どのようなコンセプトのカフェを開業したいのか人によって異なりますが、まず始めに全てを決めておかなければなりません。

途中での変更は可能となっているものの、自分のコンセプトとずれたカフェを開業しては意味がないですし、事業計画書を提出する段階で決めておく必要があります。

また、他のページでも説明致しましたが、飲食物を取り扱うのであれば、お店に最低でも一人は「食品衛生責任者」をおく必要があり、合格するには思いのほか勉強しなければならないのです。

「調理師免許」を持っていれば同時にカバーできるので、いちいち講習に通う必要はないので安心してください。