カフェ開業とアルバイト

トップページ>>カフェ開業とアルバイト

カフェ開業の前にアルバイトをしてみよう

カフェを開業する前に、どのような仕事をしていくのか確かめるために、実際にカフェでアルバイトをするという選択肢があります。

もちろん、そこで開業に関するノウハウを学べるわけではありませんが、有名なお店で働くことによって、どのように経営を行っていけば良いのか、少しずつ見えてくるはずです。

接客の仕方や、コーヒーの作り方など、学ぼうと思えばたくさんのスキルを身に付けられます。

どのように、カフェを運営していけば良いのか分からない方は、短期間でもアルバイトで経験を積んでみてください。

カフェ開業のスクールに通うお金が勿体無いと思っている方は、アルバイトで少しずつお金を貯めて知識と経験を身に付けると良いでしょう。

ただし、開業のノウハウを学びたいという場合は、アルバイトではなくセミナーを受けた方が良いかもしれません。

このように、自分の学びたい内容によって、手段を変える必要があります。

 

カフェ開業にアルバイトを活用しよう

開業当初であれば、アルバイトを雇う余裕はないかもしれませんが、混雑が予想される週末は一人で経営を行うのは難しいと言えます。

人件費を削減するために自分が頑張ることは大切なのですが、お客さんを待たせてしまっては意味がありません。

たかが1杯のコーヒーを出すのに時間がかかってしまっては、そのお店の評判はどんどん悪くなってしまいます。

そこで、アルバイトを有効に使いましょう。求人広告を出して、自分のお店で働いてくれる人材を探すのです。

ただし、働いてくれるのであれば誰でも良いという考えは止めてください。

たとえアルバイトであっても、しっかりとした接客と能力を発揮してもらう必要があります。

小さなカフェであれば何人ものスタッフを雇うのは不可能ですので、たった一人のアルバイトが重要となるのです。

そのため、人選は慎重に行わなければなりません。スタッフの接客が直接売り上げに影響すると言っても過言ではないので、なるべく能力が高く、長く働いてくれそうな人材を選ぶようにしてください。

アルバイトの仕事は、接客や調理など色々と考えられますが、社長であるあなたがしっかりと教育をする必要があります。

大した教育をせずにお客さんの前に出してしまっては、クレームが起きることも十分に考えられます。

アルバイトだからと手を抜かずに、きちんと教育をして、自分のお店に貢献してもらうために、あなたが努力をしなければなりません。