カフェ開業とリフォーム

トップページ>>カフェ開業とリフォーム

カフェ開業とリフォームについて

カフェを開業するために、自宅をリフォーム・リノベーションするのは選択肢の一つとなっております。

現実的に、自宅の一室を使ってカフェを開業しようと考えている人は多く、それは資金の削減に繋がるからです。

カフェといった飲食店を開業するに当たり、ネックになるのが開業資金や運転資金かもしれません。

お店を構えるための創業資金は飲食店の場合は特に高く、1,000万円を超えるケースもあります。

駅前の立地の良い場所にテナントを借りるつもりならば高額な費用を覚悟しなければならず、失敗した時のリスクが非常に高いため、自宅をリフォームすることで経済的な負担を抑えようとしている人が多いのです。

一軒家にしてもマンションにしても、自分の持ち家ならば毎月の家賃やテナント料を支払う必要はなく、リフォームやリノベーションにかかった資金だけを負担するだけで済みます。

カフェを低資金で開業する方法の一つがこのリフォームで、駅前にテナントを借りるよりも遥かに安く済ませられるのです。

カフェを経営するのに適した内装や外装にしなければならず、自宅の一室を使ってみるのは良いのではないでしょうか。

「大手のカフェがどんどん駅前に立っているから個人経営のお店は流行らない」と思っている方はいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

確かに、個人のカフェが大手のチェーン店に対抗するためにはアイデアを駆使しなければならず、ただコーヒーや紅茶を出すだけではなく独自のメニューを作ったり、接客に力を入れたりと普通に経営しているだけでは繁盛できないのです。

それでも、他の事業とは違ってカフェを開業するメリットとしては以下が挙げられます。

 

・特別な資格を持っていなくても誰でも始められる

・自宅をリフォームすれば開業にかかる資金を抑えられる

・ノウハウなどの知識が手に入りやすい

・接客が好きならば趣味を仕事にできる

・お客さんとのコミュニケーションを楽しむことができる

・様々なお客さんと触れ合うことができる

・自宅で開業するならば近所の人との付き合いが深くなって顧客の獲得に繋がる

 

フランチャイズ店舗の増加によって市場が飽和しているというデメリットもありますが、カフェのニーズがなくなることはありません。

「自分のお店を持ちたい」「カフェを経営したい」「接客の仕事がしたい」と考えているのならば、飲食店の開業にチャレンジしてみるべきです。

当サイトでは、他のページでカフェの開業に欠かせない要素などをまとめているので、是非一度参照してみてください。