カフェ開業のリスク

トップページ>>カフェ開業のリスク

カフェ開業のリスクについて

ここでは、カフェを開業するに当たって、どのようなリスクが生じるのか説明していきたいと思います。

様々なリスクが考えられると思いますが、少しでもリスクを減らしてカフェを開業してみてください。

 

商品の売れ残り

どのようなカフェを開業するかで異なるのですが、食事メニューを取り扱うのであれば、食材が売れ残ってしまうというリスクがあります。

これは仕方のないことなのですが、仕入れの際に必要以上に注文をしてしまうと、賞味期限が切れて廃棄となってしまうのです。

かと言って、食材が足りなくてお客さんに食事を提供できないという事態は防がなければなりません。

開業してすぐに売り上げを把握するのは難しいのですが、しっかりとシュミレーションを行って、どの程度の食材を仕入れるのか考える必要があります。

また、ご自分のお店のコンセプトとリンクさせた、食事を提供していくことが大切です。

それに見合った商品構成をしなければ、ロスが増えるのでリスクが上がってしまうのです。

 

お店の大きさ

自宅で個人経営のカフェを開業するのに、必要以上の大きさのカフェを作ってしまうと、思うようにお客さんが入らないことが考えられるので、それだけリスクは上昇します。

どのような規模のカフェを作るのはあなた次第なのですが、駅前の人通りの良い場所に建設するのであれば、お客さんの入りを考えて、それなりの大きさを用意しなければなりません。

テナント料が高いのにも関わらず、席数を多く設けなかったことで、売り上げが思うように伸びず、損失を出すことは多くあります。

少しでもリスクを減らすために、立地に見合ったカフェを建設する必要があるのです。

 

大手のカフェとの競り合い

お客さんに少しでも来店してもらうために、駅前に立地することは大事だと思われます。

しかし、駅前には大手のカフェが連なっているので、そのような競合店と勝負をしなければなりません。

客単価を上げるために、1杯のコーヒーの値段を上げることは誰でも考えることですが、見ず知らずの方が安価で有名なカフェとあなたのカフェを見た場合、多くの方が有名なカフェに来店するでしょう。

このように、駅前に建設するのであれば、大手のカフェと競い合わなければならないというリスクがあるのです。

そのため、ありきたりのカフェを作るのではなく、奇抜なアイデアを持って、他のカフェと差別化を図らなければならないと言えます。

つまり、オリジナリティーに溢れたカフェを開業する必要があるのです。