カフェ開業と料理

トップページ>>カフェ開業と料理

カフェ開業と料理について

カフェを開業して経営していくに当たり、「料理ができなければ開業するのは無理なの?」「料理ができなければカフェを運営できないの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、近年では飲み物だけを提供するカフェは少なくなり、食べ物とセットで提供するような場所が増えました。

コーヒーや紅茶といった飲み物よりも、手作りの料理をウリにしているカフェもありますし、料理が下手でも開業できるのか気になるところです。

「何から何まで一人でやってカフェを経営したい」と考えているのならば、料理ができないのは致命傷になるかもしれません。

しかし、カフェの開業だけに焦点を当てれば調理師免許を持っていなくても開業できますし、料理の上手い下手に関わらず経営はできます。

ドリンクのみを提供するようなカフェならば料理の腕は全く関係ありませんし、食べ物を提供するにしても調理師免許を持っている人を雇えば良いのです。

とは言え、調理師免許の資格は必要なくても、以下のような資格はカフェの開業では必須なので事前に心得ておきましょう。

 

食品衛生責任者:飲食店や食品販売店では最低でも1名以上の食品衛生責任者をおかなければならず、10,000円程度の費用がかかる講習を受けて取得する

防火管理者:店内の収容人数が30人を越えるカフェならば防火管理者が必要で、3,000円~5,000円程度の費用がかかる講習を受講して取得する

 

食品衛生責任者に関しては1日、防火管理者に関しては1日~2日で修了するため、そこまで難しい資格ではありません。

何も知識がない状態で挑むのはおすすめできませんが、きちんと勉強していれば落ちることはないはずです。

小さなカフェならば防火管理者は必要ありませんし、料理ができなくても食品衛生責任者の資格さえ持っていればカフェを開業できます。

しかし、個人経営のお店が大手のカフェに対抗するためには、「自分のお店は○○○が特徴」という要素があった方が良いのではないでしょうか。

その要素として考えられるのが食事メニューで、最近では火を通す程度でお客様に提供できる業務用食品が増えており、その品質もグレードアップしました。

それでも、拘りのある食事を飲み物と一緒に提供したいのならば、ある程度は料理の腕を磨いておいた方が良いのです。

以上のように、料理の腕はカフェの開業で必須な要素というわけではありませんが、調理師免許を持った人を雇わないのならば自分なりに勉強してみてください。