カフェ開業に必要な設備

トップページ>>カフェ開業に必要な設備

カフェ開業に必要な設備について

ここでは、カフェ開業に必要な設備について説明していきます。

最低限必要なものをご紹介するので、参考にしてみてください。

ここでご紹介している設備以外にも必要なものが見つかったのであれば、万全の体制で営業するために、しっかりと揃えましょう。

 

冷蔵庫・冷凍庫

ドリンクや食品を保存するために、冷蔵庫と冷凍庫は必ず必要となります。

どのような料理を出すかによって大きさは変わりますが、大きければ大きいほどたくさんの食品を保管できるので、想像している以上のものを用意した方が良いでしょう。

ただし、厨房が狭ければ大きい冷蔵庫にしてしまうと身動きが取り辛くなるので、バランスを考えて設置することが大切です。

カフェで提供する食事メニューに合わせて適したものを購入しましょう。

 

コンロ

コンロに関しても、お店の規模や取り扱うメニューによって異なるのですが、最低でも4~5口は必要であると言えるでしょう。

「小さい規模のお店ならばこんなに必要ない」と多くの方は思うかもしれませんが、コーヒーのお湯を沸かしながらパスタなどを作ることを考えると、4口は必要なのです。

接客やメニューとは違って、厨房機器は途中で変更をするのが難しいので、どのような厨房にするのかあらかじめイメージしておかなければなりません。

機械の選定を誤ると後悔し兼ねないので、慎重に選んでください。

 

製氷機

夏場であれば、冷たい飲み物の需要が増えるので、製氷機はなければなりません。

できる限り大き目のものを用意するようにしましょう。

 

コーヒーマシン

お店の規模やどのようなコンセプトのカフェとするのかで変わるのですが、カフェを開くのであれば、コーヒーマシンは必要不可欠です。

カフェに行ってコーヒーを提供できないお店は聞いたことがありません。

本格的なコーヒーを作る機械を1台は用意しておきたいです。

 

炊飯器

ランチや食事を出すのであれば、炊飯器は必要です。

炊飯器は安いですし、小さなものであれば場所をとらないので、後に購入することを考えても良いかもしれません。

大きめのカフェを営業していくのであれば、それに合わせて炊飯器もそれなりの大きさのものを購入する必要があります。

 

食器棚

コップや皿っを収納する食器棚は必要です。扉のある食器棚でないと、保健所のチェックの際に審査に通らないことがあるので、きちんと閉まるタイプの食器棚を用意してください。

リサイクルショップなどで購入すれば、それほど高くはありません。