カフェ開業に必要な資金

トップページ>>カフェ開業に必要な資金

カフェ開業に必要な資金について

カフェを開業しようとしている方で、どのくらいの資金が必要となるのか、一番気になるのではないでしょうか。

どのくらいの規模のカフェを作るかによって必要な資金は異なるので、一概には言えません。

それに、カフェを開く場所によって初期費用にかかる金額が変わるというのが事実です。

もし、自宅で経営をしていこうと思っているのであれば、毎月の家賃や保証金は必要ないので、初期費用を大きく抑えることができます。

テナントを借りる場合であっても、駅から離れた場所でひっそりと経営を行うのであれば家賃は安くて済みますし、人通りの多い駅前に建てたいというのであればそれなりの資金が必要となるのです。

そのため、100万円でカフェを開業した方はいますし、800万円でも足りなかったという方もいらっしゃいます。

このように、「○○○万円あれば安心」ということではありません。

もちろん、資金が多ければ多いほど、カフェを開業して経営を行っていくための運転資金にあてることができるので、余裕を持って運営することができるでしょう。

ここでは、テナントを借りてカフェを開業した方が、どの程度の資金が必要となったのかご紹介していきたいと思います。

 

テナント料(保証金込み)・・・200万円

内装費(キッチン・ホール)・・・150万円

外装費・・・10万円

機材費(PC・調理機器)・・・50万円

備品(食器・調理器具)・・・20万円

仕入れ費・・・30万円

 

このように、ざっと必要な資金を計算しただけでも、500万円弱は必要となります。

もちろん、これだけではなくカフェをオープンしてから経営を行う運転資金は必要不可欠ですので、実際はもっと大きな資金が必要となるでしょう。

運転資金に余裕がないと経営が上手くいかない時に、余裕を持つことができません。

「食材を仕入れるお金がないから、カフェを営業できない」という事態も十分に考えられるので、開業資金だけではなく、運転資金に余裕を持たせる必要があります。

このように、カフェを開業するのであれば、あらかじめどのようなランニングコストが必要となるのか大まかに計算をしなければなりません。

実際に開業をしてみると、予想以上に費用がかかってしまうという事態も考えられますが、ある程度の金額を把握しておくことで、スムーズに開業の準備をしていくことができます。

また、自己資金でまかなうのか、または融資を受けるのかといったことも考えておきましょう。