都会でカフェ開業

トップページ>>都会でカフェ開業

都会でカフェを開業するのはどうなの?

カフェを開業するに当たり、まずはどの場所にオープンするのか決めなければなりません。

「田舎でカフェを細々とやろう」「都会にカフェを出して繁盛させよう」といったように、個人の資金や目的によって場所は大きく異なります。

集客効果を高くしたいと考えているのならば都会でカフェを開業するのがおすすめで、それはお客さんがたくさんいるからです。

人口の少ない地域と多い地域で出すのを比較して、集客を見込めるのは圧倒的に都会だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

カフェを開業して利益を出す以上、お客さんへとコーヒーや食事を提供しなければなりません。

その絶対数が少なければ見込める利益は確実に下がるので、大繁盛させたいと考えているのならば人が集まる都会が適しています。

ただし、都会にカフェをオープンするに当たって以下のようなリスクがあるので注意が必要です。

 

・都会の駅前という最高の立地条件にオープンすると莫大なテナント料を支払わなければならない

・莫大な開業費用を支払わなければならず、運転資金も考慮してお金を調達しなければならない

・人が集まる場所ほど既存のカフェが多いので、激しい競争に勝たなければならない

・「人が多い=集客できる」という方程式は成り立たず、他のカフェとの差別化を図らなければならない

 

何と言っても初期費用がかかるのが都会でカフェを開業する最大のリスクで、立地条件が良ければ良いほど高くなります。

1ヵ月分のテナント料金だけではなく敷金や礼金といった費用も支払わなければならず、オープンして直ぐに利益を出せるわけではないので運転資金の調達も大事です。

ランニングコストがかかるという点では田舎で開業する方に軍配が上がり、顧客の獲得競争に打ち勝たなければならないのもリスクの一つとなっています。

 

・銀座ルノアール

・ミヤマ珈琲

・スターバックスコーヒー

・ドトール

・サンマルクカフェ

・上島珈琲店

・エクセルシオール

 

このような既存のチェーン店は都会には多く、個人のカフェが立ち向かうには料金を安くしたりクーポンを使ったりと差別化を図らなければなりません。

田舎に出した方が利益を上げられるケースも少なくないですし、総合的にどの場所にカフェをオープンするのか考えるべきです。

決められた場所に建設するのではなく、車内に施設を設けた移動カフェを開業するのも選択肢の一つなので、まずは自分がどのようなカフェをオープンして営業していきたいのかゆっくりと考えてみてください。