カフェ開業とワゴン

トップページ>>カフェ開業とワゴン

カフェ開業とワゴンについて

ワゴンを使ってカフェを開業しようと考えているオーナーは多く、何よりもテナント料を削減できるというメリットがあります。

駅前の人通りの良い場所にカフェを開業しようとなると、莫大なテナント料を支払わなければなりません。

毎月のように高いコストがかかるだけではなく、最初に敷金や礼金を支払う必要があります。

個人経営のカフェを開業するに当たってこれは大きな負担になりやすいため、ワゴンを使って手軽に行える移動式カフェや移動屋台が流行っているのです。

どちらかというと、カフェよりも屋台の方が比率的には多いかもしれません。どのような形式で展開するにしても、初期費用を抑えられるというメリットがあるため、飲食店でも少ない資金でチャレンジできます。

ワゴン車やトラックなどをオシャレに改良し、道路端や公園などのスペースで本格的な料理を出すことも可能です。

近年では移動式カフェの種類も大分増えてきましたし、個人経営のカフェが大手に対抗するにはアイデアを駆使するしかないので、ワゴンを使ったカフェを開業するのは良いのではないでしょうか。

移動式ならば好きな場所で経営できますし、人通りの多い場所を見つけて本格的なエスプレッソやカプチーノをお客さんへと提供できます。

もちろん、いくらワゴンを使った屋台と言ってもお客さんに飲み物や食べ物を与える仕事なので、衛生面には細心の注意を払わなければなりません。

食を安全に提供する義務と責任があると、飲食店をこれから経営するオーナーは心掛けておくべきです。

また、ワゴンを使って飲み物や食べ物を提供するカフェを経営する場合、お客さんは立って待っているケースが多いため、手際良く提供できるように心掛ける必要があります。

10分も20分も外で待たされていては誰でも嫌になってしまいますし、凝った料理を提供するだけではなく、スピードも重視しなければならないのです。

このように、ワゴンを使った移動式のカフェを開業するには、心得ておかなければならないポイントが多いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

店舗を構えてお客さんが来るのを待つというスタイルは一緒でも、提供する料理や飲み物は大きく異なります。

それに、コストを削減できるとはいえ、飲食店ということには変わりないので、開業資金は300万円程度を用意しておくべきです。

やり方次第ではかかる費用をもっと削減できるかもしれないので、自分の夢を叶えるためにどのようなワゴン式のカフェを開業したいのか、最初にプランを慎重に練ってみてください。