カフェ開業の予算

トップページ>>カフェ開業の予算

カフェ開業の予算について

他のページでも説明致しましたが、カフェの開業にどのくらいの予算がかかるのか気になっている方は多いはずです。

確かに、「カッコイイカフェを開業したい」「オシャレなカフェを経営したい」「カフェを運営してのんびりライフを送りたい」など、個人によって様々な夢があります。

しかし、お金がなければカフェを開業することは絶対にできませんし、起業する以上はどの程度の予算が必要なのか事前に確認しておくべきです。

「コーヒーだけをお客さんに提供する専門店」「紅茶やソフトドリンクも扱うカフェ」「コーヒーよりもスイーツに焦点を当てたカフェ」など、コンセプトは大きく異なります。

ターゲットが異なれば店舗規模にも違いが生じるので一概には説明できませんが、飲食店の開業は予想以上に予算がかかりやすく、最低でも500万円は用意しておくべきです。

中には300万円程度でカフェを開業している方もいるので予算には幅があるものの、20坪の店舗では1,000万円が目安だと考えられております。

どのような形態のカフェでも初期費用がかかる点が飲食店の開業のデメリットで、ある程度の自己資金は用意しておかなければならないのです。

そこで、カフェ開業にかかる予算の内訳を以下では記載しているので、事前に確認しておきましょう。

 

・毎月のテナント料(駅近など立地条件が良ければ良いほど高くなる)

・敷金や礼金(毎月のテナント料ではなく保証金もかかる)

・内装や外装の工事(現状を踏まえてどの程度の工事が必要なのか事前に考える)

・外部装飾(看板の設置や駐車場の整備などお客様が快適に利用できるように施す)

・導入設備(机や椅子、コーヒーマシンやオーブンなどカフェを運営するために欠かせない設備)

・加盟料(フランチャイズに加盟している場合は一定の加盟料を支払わなければならない)

・人件費(人員を雇う際にかかる費用)

・雑費(食料を中心とする材料費や水道光熱費などの運転資金)

 

上記のように、カフェを開業して運営していくためには、想像以上に予算がかかることがお分かり頂けたはずです。

もちろん、全ての費用を自己資金でまかなわなければならないわけではなく、店舗経営者向けの融資に力を入れている金融機関はあります。

それでも、自己資金が全くない状態で融資を受け、カフェを開業するのは不可能で、成功するかも分からないような個人にお金を貸すところはないはずです。

そのため、まずは自分が行おうとしているカフェの開業にかかる予算を計算し、自己資金を集めながら事業計画書を作成して融資を受けられるように努力してみてください。