カフェ開業と融資

トップページ>>カフェ開業と融資

カフェ開業と融資について

カフェといった飲食店を開業する場合は、大きな資金が必要となります。

自分のお店の規模によって初期費用にかかる金額は異なるのですが、決して簡単に作れるようなお金で開業をすることはできません。

駅前にテナントを借りてカフェを開業しようとしているのであれば、最低でも500万円は必要となるでしょう。

開業してからの運転資金も考慮すると、これだけでは足りないという可能性もあります。

お金が足りないということで、開業を諦めてしまう方は多くいらっしゃるのです。

そのような場合は、融資を受けることを考えてみてください。

カフェを開業している人の多くは、全てを自己資金で負担しているわけではありません。

金融機関から融資を受けて、自己資金と合わせて開業する方が多いのです。

もちろん、融資と言っても利子はかかるので、自己資金だけで開業できるというのであれば、その方が圧倒的に良いと言えるでしょう。

また、親や親戚からお金を借りるという選択肢もあります。

しかし、全ての方がこのような方法を取れるとは限らないので、融資を利用するというわけです。

そのためには、審査に通らなければならないのですが、融資を受けられれば開業の夢を諦めずに済みます。

ただし、自己資金が全くない状態で融資を受けてカフェを開業しようと考えているのであれば、その考えはすぐに改めてください。

土地や担保、債権といった担保がなく、自己資金も全くないという方にお金を貸す金融機関はないと言っても良いでしょう。

つまり、ある程度の自己資金を貯めてからではないと、カフェ開業は難しいのです。

 

カフェ開業で融資を受けるポイントについて

どんなに自分が融資を受けたいと思っていたとしても、審査に通らなければお金を借りることはできません。

そこで、開業後の事業計画や収支計画といったように、説得力のある資料を掲示する必要があります。

経費の削減策やカフェ開業に対する自分の思いなどを資料にして、積極的な姿勢を見せることが大切です。

さらに、客観的なデータも記載することで、あなたの印象は確実にアップすると思います。

そして、事業に必要な資金に関しては、「大体○○○万円ぐらいが必要」といったように曖昧なものでは審査に通りません。

カフェを開業するために全体で○○○万円かかり、そこから自己資金で○○○万円用意し、これでは○○○万円足りないから残りを調達したいといったように、詳しく説明することで審査に通りやすくなります。

幾つもの金融機関で審査に落ちると挫けてしまうかもしれませんが、諦めずに夢を追いかけてください。